子供の口臭でお悩みのママさんにとってこちらの記事を見れば必ず改善すると思いますのでぜひチェックしてみてください。

 

子供の口臭は、大人の口臭とは少し質が異なります。

 

◆子供の口臭と社会的な影響

 

子供の口臭は、幼稚園や小学校に通っている子供を持つママの大きな悩み事。実はその口臭、重大ないじめなどに発展するかもしれません。

 

子供はとても正直で、思った事を言葉にすぐ表します。
暑い時は暑い、寒い時は寒い、お腹すいたときはお腹がすいたというように。

 

口臭も同じです。
他の子があなたの子供の口臭を嗅いだとき、臭いと思ったら、〇〇君臭い!と言われるでしょう。
子供の場合はそれだけですまない事がほとんど。

 

○○君臭いの?! わ〜ほんとだ! 

 

こんな感じでどんどん飛び火していき、クラスで浮いた存在になることも。

 

いやなあだ名なども付けられるかもしれません。

 

馬鹿にされて嫌な思いをするかもしれません。

 

だから、口臭はできれば治してあげなければならないんです。

 

 

◆歯磨きから始める子供の口臭対策

 

子供の歯磨きは、大人と異なりどうしても未熟なのでうまく磨けません。

 

大人と違って、見た目を気にしないことが多いので、歯が黄色くても歯垢がついても、子供は気にしません。だからそれを落としたりするためにちゃんと歯磨きをしようとする気持ちもありません。

 

その為にもまずは歯磨きです。

 

 

歯磨きはまず、大きく動かすのではなく、細かく動かすのがポイント。

 

歯間にしっかりブラシを当て、磨き幅を広く摂らず、ピンポイントで磨くイメージでブラッシングをします。

 

歯の隙間に食べ物が詰まった状態というのは、細菌の餌になるものが多いという事。したがって、子供の口臭の原因の一つになります。

 

つぎに、歯磨きのあとのうがいをするとき、何度もせず、少ない水で1〜2回うがいするのもポイントです。

 

歯磨き粉に含まれる成分をすべてうがいで洗い流してしまうと、その分効果が薄れます。

 

歯磨きは毎日の事なのでおざなりになりがちですが、とても重要なポイントの一つです。

 

 

◆それでも子供の口臭がおさまらない時

 

結論からいって、歯磨きで口臭は何ともなりません。むしろ寝るとき、起きたときに磨くという習慣づけの意味合いが、歯磨きの意義です。

 

子供の口臭に限りませんが、口臭の原因は、元をたどると全て一つの原因にぶつかります。

 

それが唾液の持つ殺菌力の低下です。

 

 

唾液にはもともと殺菌作用がある酵素を含んでいます。

 

その殺菌作用が低下すと口臭がひどくなる傾向にあります。

 

 

逆を言うと、この唾液の殺菌力が高ければ、歯磨きをしなくても、虫歯になりにくかったり、子供の口臭が引き起こされなかったり、メリットがとても高いんです。

 

この殺菌力にアプローチした口臭ケアグッズもあり、はっきり言ってしまえばそれを毎日の口腔ケアとして使用するだけで、口腔にまつわる全てのトラブル回避になるでしょう。

 

どうしても子供の口臭が改善されず、悩んでいるママさんは、下記のような商品が特にお勧めです。

更新履歴